薬剤師の休日は何曜日か?というのは勤務先によって違う

薬剤師というと、普通のサラリーマンとは違う働き方をしている印象にも見えますが、休日はどういった感じでとれるのでしょうか?
薬剤師の場合には、多くのサラリーマンみたいに土日が休みというケースはそこまで多くないケースもあります。
というのも、サラリーマンの場合には会社自体が土日休みになるからこそ、そこで働く従業員も土日には出勤しないということになります。
しかし、薬剤師が働く環境はそうなっていないことも多いのです。
例えば、ドラッグストアは閉まっている日というのは、ほとんどないと思います。
365日毎日営業しているお店もあるほどで、基本的にお店が閉まる日がほとんどないので、そこでは毎日誰かしら薬剤師が勤務していることになります。
つまり、土日にも勤務している薬剤師が普通にいるということなのです。
ドラッグストアで働く薬剤師の休日はいつか?というのは、それぞれのお店で異なるものの、こういうケースでは土日も普通に勤務する可能性も高いです。
そうなると、休みがとれるのは土日以外になってしまうことも普通に考えられるということになります。
もちろん、ドラッグストアでも、それ以外でも土日に休めるケースもありますが、それは勤務するお店にもよりますし、同じ勤務先でもその時々によって休日が何曜日か?というのが変わる可能性もあります。
休日に関しては、労働者にとっては非常に重要な問題ですが、薬剤師が働く環境というのは、そういう世界だということを認識したうえで働いていった方が良いと思います。

薬剤師がドラッグストアで働く場合の仕事内容の注意点

薬剤師として働く場所は、いろいろなところがありえますが、中でもドラッグストアはやや特殊なところでもあります。
それは薬剤師としての経験や知識だけではどうにもならない部分の仕事も任される可能性があるからです。
それはお店の経営にかかわる部分の仕事も含まれており、例えば売り上げを上げるためのお店の中の商品のレイアウト、配置などを担当することもあります。
また、ドラッグストアの場合には薬だけを売っているわけではなく、他の一般食品も存在しているため、そういった品についての質問を受けることもあるかもしれません。
全てにすぐに答えられないといけないわけではないものの、薬以外のことに対する知識なども少しずつつけていけると良いということです。
そして、薬剤師がカバーする範囲としても薬局で売っているような薬以外にも及ぶ可能性があります。
ドラッグストアでは、本当にいろいろな商品があり、例えば多くの方が利用しているサプリメントも当然売られています。
そういった部分について、どれだけ知識を持っているか?という点も非常にかかわってきますから、勤務をしながら覚えていったり、勉強をしていかないといけないのです。
少しずつこなしていければいいとは思いますけど、薬局などと比べると薬剤師としても専門以外の部分にも必要な仕事があるので、そこがちょっと大変に感じるかもしれません。
いろいろな勤務先がある中で、ドラッグストアの特徴について事前に理解をしておくようにしましょう。

薬剤師のアルバイトやパートは働き先の候補地が多い

たとえ薬剤師として国家資格を取得していたとしても、そのすべが正規雇用の正社員として働けるわけではないです。薬剤師はどちらかといえば人気職ということもあり、資格を取得しているからといってそのまま正社員で働けるとは限りません。中にはアルバイトやパートとして従事している人もいて、それで生計を立てているケースもあります。

そんな薬剤師のアルバイトやパートが他の職業に比べて優れているところは、何といっても働く場所には困らないので好きな勤務地を選べることです。どこの地域もそうですが、薬局やドラッグストアの数はかなり多いです。病院の近くに3つも4つもあるのはもはや当たり前ですし、個人病院の近くでも同じように存在しています。ということは、それらの数だけ勤務先の候補も多くなるわけですから、そのメリットはかなり大きいです。

やりたい仕事があるけれど住んでいるところからとても遠いので通うのが大変、と嘆いているアルバイトやパートの人は少なくないです。ですが、薬剤師のアルバイトやパートならば住んでいるところのすぐ近くで働けるということも十分あり得ます。もちろんすべてが希望に叶って就けるわけではないのかもしれませんが、それでも他のバイトに比べればかなり恵まれているといえます。

働き先の候補が多いということはそれだけ気に入ったところに勤めやすいということで、それならば働くストレスも軽くすることができます。ですので、薬剤師アルバイトやパートはそんなメリットがあるのです。

薬剤師は女性も活躍しやすく勤務先も多い

薬剤師は調剤薬局で働くイメージが強いですが、最近ではスーパーマーケットの薬局やドラッグストアで活躍する人も多いですし、製薬会社や化粧品メーカーなど一般企業で勤務されている人も居たり、病院で薬剤師として勤務する人も居たり、活躍の幅が非常に広い仕事でもあります。
正社員として勤務するだけでなく、ドラッグストアや薬局ではパートタイマーやアルバイトとしても高時給で募集が掛けられています。
医療系の仕事の中でも薬剤師は比較的に女性の割合が多い仕事でもありますし、看護師と比べると体力的にも負担が少ないこともあり、結婚をして家庭を築いたり、出産を経て育児を抱えながらでも、上手くプライベート年ごとを両立させやすい仕事でもあります。
薬剤師は需要が大変高く医療の現場でも重要な仕事ですし、転職を叶えやすい点もメリットです。
最近は登録するだけで良い求人を紹介してもらえる薬剤師転職サイトや薬剤師就職支援サイトなども多いです。
ドラッグストアやスーパーの薬局や調剤薬局など、身近な施設で活躍でき、なおかつ高賃金を稼げる仕事でもあります。
妊娠して出産したりとライフステージの変化に応じて、仕事の負荷や仕事との向き合い方を調整しやすい業種でもあり、正社員としてではなくパートやアルバイトとして働く手段も多いので、薬剤師は女性からも絶大な人気を集めてます。
薬剤師は淡々と薬を調剤したり管理するだけではなく、お客さんや患者さんとの緻密なコミュニケーションが大切な仕事です。
薬の飲み方を分かりやすく説明したり、患者さんの健康上の不安や悩みなどの相談に応じて不安を解決してあげたりと、日々たくさんの人との会話が尽きること無い仕事でもあります。

私が考える薬剤師のメリットとデメリットについて

薬剤師のメリットは、国の法律で保護をされている専業に該当することですね。
一般的には薬事法という法律のもと、薬剤師でないと医者から指示された薬を出すことは出来ません。つまり独占的に業務を進めることが出来るわけです。
そのため、薬局やドラッグストアでは高い報酬を出してでも薬剤師を確保したいと思うわけですね。
また薬剤師の知識は日本全国で利用でき、また需要もあるわけですからどこへ行っても仕事が出来る点も強みになります。
労働環境に関しても土日祝日が休みの所も多いため、仕事とプライベートを分けて生活することが出来ます。
遅くまで残業することもありませんし、家庭との両立も可能になるわけです。
需要が尽きることは無く、ある程度の報酬は約束され、時間の拘束も厳しくはないので、家庭との両立を検討されている方にとっては良い職業なのではないでしょうか。
一方でデメリットも無いわけではありません。
まずは常に勉強をし続けなければならないということが挙げられます。
クスリは日進月歩で進化をしています。ジェネリック医薬品というものがあるように、最新の薬と昔からの薬が混在しているのが現代です。
薬の成分や効果、組み合わせた時の副作用などをキッチリと頭の中に入れなければ仕事になりませんから、業務時間外に自宅で勉強をすることもしばしばです。
また責任も重大です。薬を処方された方は、それが100%正しいと思って飲み続けることになります。
ここで処方箋と異なる薬を出してしまうと、その後に患者が重篤に陥ってしまうケースも無いわけではありません。
そうなれば法廷闘争に持ち込まれる可能性もありますので、報酬に見合った社会的責任は要求されると思われた方が良いでしょうね。
ただし、通常の薬局に勤めていれば提供する薬は同じようなものになるので、あくまでも勤務する薬局によりますけどね。
以上が、薬剤師のメリットとデメリットになると思います。